Column

American vintage バレンタイン vol.133

 

みなさん、こんにちは。 先日、年越しをした気がしますが…気づけばもう2月!

 

2月といえば、学生時代にウッキウキワクワクしたあのイベントが待ち構えていますね。
そう「バレンタインデー」!!!

 

先生に見つからないように、チョコレートをバックの底に隠して
放課後になったら好きな人を呼び出して、チョコレートを渡して告白!

そんな感じで、日本でバレンタインデーといえば”女性から男性に愛を伝える日”ですよね。
まぁ、最近では「義理チョコ」「友チョコ」「ファミチョコ」「ご褒美チョコ」なんて、色々な風習も広まっていますが。

では、アメリカのバレンタインデーといえば…
実は、恋人や夫婦のイベントなんです。
プレゼントも、日本とは逆で
男性から女性に贈るのが普通なんですよ。

なので、バレンタインデーの夜にアメリカのスーパーに行くと、
レジに花束やバルーンをもって並ぶ男性の行列がみられます。

プレゼントは、チョコレートに限らず甘いお菓子やお花、バルーン、そしてカードです!
メッセージカードで日頃の感謝や愛の言葉を伝えるなんて、アメリカらしいですよね。

 

ちなみにホワイトデーの風習もないので、男性へお返ししたい女性はこの日にお返しをします。

バレンタインパーティーをする人だっているくらい、アメリカでは一大イベントなんです。

 

そして、アメリカといえば行事ごとの家の飾り付け!
もちろんバレンタインデーも然りです。
玄関、キッチン、リビング、トイレ、テーブルをバレンタイン一色に!
家の中をValentine’s day decor!!!

 

クリスマスツリーをピンクや赤のハートいっぱいで飾るのもいいですね。
アメリカっぽく、ハートのバルーンで飾り付けるのも素敵です。

 

かっこいいアメリカンハウスを建てたのならば、取り入れられるアメリカの行事取り入れて楽しみましょう!

 

そして、アメリカ風に旦那様から奥様にお花やカードのプレゼントしてみてはいかがでしょうか?
結婚して、家を建てて、子供ができて、それだけでも充分幸せですが
一年に一回、バレンタインデーに愛の言葉と共に奥様へプレゼントすることで
きっと最高に幸せな一日になること間違いなし!

 

バレンタインを利用して、アメリカンな家に似合うホットな家族になってみませんか?