Column

American vintage 庭 vol.149

 

今年も早いもので、もう9月中旬です。
暑すぎる夏が過ぎ、やっと朝晩涼しくなってきて、夏の終わり、秋の始まり、といった季節になってきました。

日本同様、アメリカの夏もやはり暑いので、今頃アメリカでも季節の移ろいを感じていることでしょう。
アメリカでは、9月の第1週目の月曜日にLabor day(レイバーデイ)という、
日本でいう勤労感謝の日のような祝日があり、この日がきたら「夏の終わり」の合図です

 


このLabor dayの前後にアメリカ人が熱狂する、アメリカンフットボールのNCAAやNFLが開幕し、いよいよこの季節がやってきたか〜!という感じになります。

さて、そんな風が心地よい秋の季節、やっとお家時間でお庭が活躍しはじめます。
アメリカでも、夏の時期には暑すぎて、外で遊ぶのはプールくらいのもの。
あとは、パパ達が庭で芝刈りをしているくらいです。

 

ここで…突然ですが、クイズです!
アメリカの庭ってどこにあるか分かりますか?
家の正面?家の裏?さぁ、どちらでしょう。

 

 

 

実は、アメリカって「敷地の真ん中」に家を建てることがほとんどなんです。


そして、その家の周囲を芝で囲って、家の前を「フロントヤード」、家の横を
「サイドウォーク」、家の裏が「バックヤード」と呼び、庭と言ったらバックヤードのことを指します。
このバックヤードでバーベキューをしたり、プールをしたり楽しむんですね。

日本では田舎に行かないと、そんなに広い敷地なかなか
確保できませんので、庭があるだけ良しとしましょう!

 

 

そして、この心地いい季節に、芝生の庭が似合う素敵な
アメリカンハウスを見ながら、お庭ピクニックなんていかがですか?
テーブルや椅子だけではなく、ハンモックやティピーテントなんか出して、ランチをしましょう!


心地いい風と季節の移ろいを感じながら、お庭ピクニック。
遠出をしないでも、素敵な庭があれば家族で楽しい時間が過ごせます。

 

レジャーシートにピクニックバスケット、クッション、
ソファなんかも持ち出して、庭の木にはガーランドでデコレーション。


ちょっとした家具などを持ち出せるのが、お庭ピクニックの良いところ!
ちょっとした音楽を流したりして、家と庭との一体感を楽しみましょう。

 

 

素敵なアメリカンハウスの素敵な庭だからこそ味わえる特別感がそこにはあるはずです。