Column

American vintage ヤシの木3 vol.125


さてさて、そろそろ皆さんヤシの木マスターになってきたんではないでしょうか?

そんなヤシの木マスターの皆さんに、実は一番おすすめの取り入れやすいヤシの木を2つご紹介いたします。

こだわりの住宅を建てて、庭の木にあまりお金をかけたくない!
だけどアメリカン、ハワイアンな感じにしたい!という方にオススメのお手頃価格のヤシになります。

 

ひとつめが「ビロウヤシ」


ヤシの葉には2種類ありましたね。
羽のように芯から左右に生える葉っぱと、熊手のように生える葉っぱのタイプ。
このビロウヤシは、熊手タイプの葉っぱになります。
特徴的なのは、電柱のように伸びて、幹の上の方にタワシのようなわしゃわしゃした木の皮がついています。
そして良い感じに葉っぱの先が垂れ下がっているのがポイントです。
前回ご紹介したサバルヤシは、クロスの幹が特徴でしたが、このビロウヤシは葉っぱが特徴的なヤシですね。
ゆうっくりゆっくり育つヤシの木なので、子供の成長や家の味わいと共にゆっくり変化を楽しめるヤシの木です。

 

 

ふたつめは「ワシントンヤシ」

別名はカリフォルニアパーム。
それぞカリフォルニアのヤシって感じが名前から感じられますね。
ちなみに宮崎の日南海外沿いにもあるヤシの木です。 葉っぱは、ビロウヤシと同じく熊手タイプ。
そしてこのワシントンヤシの特徴は、ちょっとサバルヤシに見た目は似ていますが 幹の部分に枯葉が残っているところ!
一番よく目にする、馴染み深いヤシの木かもしれません。
一年に30cmほど成長するヤシの木なので、数年でガラッと庭の景色を変えてくれるヤシの木です。

 

 

 

さて...今回で、ヤシの木をよっつご紹介しましたので一旦まとめてみます!
ココスヤシ、サバルヤシ、ビロウヤシ、ワシントンヤシ。
葉っぱが形状が羽タイプと熊手タイプのふたつがありましたね。

 

羽タイプが一番大きく育つココスヤシです。
熊手タイプで、幹がクロスのものがサバルヤシ
熊手タイプで、葉っぱが大きく葉の先端が垂れ下がっているのがビロウヤシ
熊手タイプで、幹に古い葉がついているのがワシントンヤシです。

 

さぁ、あなたのイメージする庭のイメージにあうヤシの木はありましたでしょうか?
一言でヤシの木といってもたくさんの種類があります。
かっこいい家にかっこいいヤシの木が似合う庭。
あなたの家に似合うヤシの木を見つけてみてください。

 


取材店情報
店名「sabana」
熊本県菊池市泗水町吉富3300-2
TEL/FAX:0968-38-3327
http://sabana.jp/about


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)