column

 

kurosen
アメリカ・ハワイアンスタイルのコラムを毎週木曜日に更新しています。
kurosen

American vintage 椅子 vol.11

chair vol11 top

チープな感じがカッコイイ!

今回は、そんなアメリカンレトロなダイナーチェアーを紹介します。

そもそもダイナー(diner)って何?!
ってことで、まずはダイナーの説明から始めましょう。 

ダイナーって日本ではあまり馴染みのない言葉ですが、アメリカ人にとっては、かかせない存在なんです。 
初期のダイナーは、馬でワゴンを引き路上で軽食を販売する屋台でした。
夜中から朝まで夜遊びする若者相手に、軽食を販売していたようです。 それがどんどん進化して、雨風がしのげるようにキッチンやカウンターがついた電車のようなスタイルとなり、現在ではアメリカ人にとってなくてはならない米国的大衆食堂のようなものになったんです。

chair vol11 01

 

イメージで言えば、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」でマーティーがペプシコーラ飲んでいる場所。
もしくは「アメリカングラフィティー」にでてくるメルズドライブイン。 あれがダイナーです!

ダイナーで特徴的なのが、独特のお店の雰囲気。 ピッカピカのネオン看板、カウンターにすえつけのバースツール、窓側にはボックス席、バーガーを運ぶウエイトレス、ネオンで装飾されたジュークボックス。 50〜60年代の古き良き時代を感じさせるポップでレトロなものばかりですね。 そんな映画のようなアメリカンダイナーの世界を自宅で楽しむには、 やはりダイナーチェアーがかかせないでしょう!

 

chair vol11 02

 

chair vol11 03

アメリカ車のようなテッカテカのメッキに、ポップなカラーのシートが特徴のダイナーチェア。

自宅で楽しむとしたら… ガレージを白黒チェッカーの床にして、ダイナーチェアに座りアメ車を眺める。

リビングは、オールドアメリカン風にウッド系の落ち着いた内装にしてボックスタイプのダイナーチェアでくつろぐ。

と、いったところでしょうか。

  

アメリカンビンテージ好きの中でも、愛好家がどんどん増えているアメリカンダイナーファニチャー。
自宅でマイダイナーはじめてみませんか?

 


取材店情報
店名「ザ・トゥルー」
東京都品川区東品川区5-8-33
TEL:03-5769-3911 FAX:03-5769-3912
HP:http://www.the-true.co.jp/

the-ture

Copyright© 2015 THE MAKER'S. All Rights Reserved.